パソコンのやりすぎで視力が低下?

9c53d549c94687ff840a103f0e530087_s

最近視力が悪くなってきているようです。

仕事がらパソコンと毎日にらめっこの生活を送っているのが大きな原因です。

 

以前は1.0ほどあった視力が今では0.6位に低下。

それでもまだまだ良い方なのかもしれません。

 

目が見える仕組みは、外から入ってきた像が目の真ん中にある

水晶体を通って目の奥にある網膜に届くことで見ることができます。

 

このとき、水晶体を薄くしたり厚くしたりすることでピントを合わせています。

この水晶体の厚みを変える役割をするのが毛様体筋です。

 

近くを見る時には毛様体筋が緊張して水晶体を厚くします。

反対に遠くを見る時には毛様体筋はゆるんで水晶体を薄くします。

 

パソコンを見る時は毛様体筋が緊張して水晶体を厚くします。

この状態が長く続くと毛様体筋が凝り固まってしまって

水晶体を厚くした状態をキープするようになります。

 

こうなってしまうと、遠くを見る時にも毛様体筋が

固まったまま動かず水晶体は厚い状態のままとなりピント調節が

上手く働かなくなります。

 

遠くを見る時には、水晶体を薄くする必要がありますが、

毛様体筋は固まったままなので水晶体を薄くすることができません。

これでは、遠くを見ようとしてもピントが合わずにぼやけてしまいます。

 

この状態が近視です。

遠くが見えにくくなる状態ですね。

 

パソコンやスマホや読書など、近くばかり見ていると

こういった現象が起こります。

 

私たちの日々の生活では遠くを見るより近くを見る機会が

圧倒的に多いですね。

 

自宅でくつろいでいる時も、職場で仕事をしている時も

狭い部屋に閉じこもっていることが多いのではないでしょうか。

 

子供にしてもそうです。

最近ではスマホやゲームが子供に普及しているので

目を悪くする環境が整っていますね。

 

外で走り回って遊んでいる子供を見ることも少なくなりました。

 

そんな生活環境の変化が私たちの目の悪化に

かなりの影響を与えています。

 

出来るだけ時間をとって遠くを見る機会を増やすようにして

目をいたわってあげることが大切です。