遺伝によるハゲ・薄毛を予防するには?

-shared-img-thumb-NKJ56_coffeecok_TP_V

多くの男性が悩む薄毛。その薄毛の原因は、様々な複数の要因が複雑に絡み合って発症、進行すると言われていますが、その中でもやはり遺伝による要因は比較的大きいとされています。

もちろん遺伝がすべてではなくあくまで確率のお話ですが、やはり父母や祖父母、親戚筋を見てみて、「これは将来やばいな・・・」となんとなくでもわかる人は多いと思います。

とは言っても、もしかするとあなたも

  • 「薄毛になるのはもっと歳をとってから」
  • 「40代とか、中年以降でしょ」

と思っていませんか?AGAによる薄毛は、実は早い人では10代あたりから進行する人もいるのです。いわゆる若ハゲと呼ばれますが、若年性のAGAは実は思春期を過ぎたらいつでも発症する可能性を秘めています。

そこでここでは、いまから始められる簡単に薄毛予防についてお話していきたいと思います。

遺伝による若ハゲを予防するには?

遺伝による薄毛要因は避けようがないので、それ以外の要因をできるだけ排除していくことが肝要です。冒頭にも言いましたが、薄毛の原因んは複数が重なり合って起こるものなので、遺伝要因一つだけではなかなか進行はしにくいのです。

遺伝以外の要因で言うと、生活習慣、睡眠、食事、ストレス、頭皮環境、このあたりがやはり重要ですね。頭皮環境などは頭皮用のシャンプーを使うなどある程度コストがかかりますが、それ以外の生活習慣全般に関して今からでも取り組めますし、コストもかかりません。

まずは規則正しい生活、食事バランス、ストレスをため込まないなど、そういった点を意識していくだけでも将来の毛髪具体は大きく変わってきます。