日焼け対策はいつから始めるべき?意外と知られていない紫外線のピーク

日焼け対策って主に夏、7月くらいから始める方が多いかと思います。やっぱり日焼け=暑い時!って感じですもんね。

でも実は1年のうちで一番紫外線が強いのは他の時期だってご存知でしたか?

えっ、そんな…知らなかった!と言う方も多いのではないかと思います。じゃあいつが一番強いのか?実は…6月なんです。

6月と言えば梅雨。全然お日様は出ていないじゃないかと思われるかもしれませんが、実は雲が遮断する紫外線の量はそれをほ多くありません。曇っていても元の紫外線の量の60%は地上に届いていると言われています。

そして忘れてはいけないのは6月って「夏至」がありますよね。夏至とは「昼の長さが一年で一番長い日」のことです。つまり、太陽が出ている時間が長く、ついでに太陽の高度も一番高い日です。

ですから、曇りや雨の日が多いからと言ってもいつもより元の紫外線の量が多いわけですのでトータルでは7月と大差ない。それどころか晴れたらMAXの紫外線が降り注ぐわけですからね。

ですので7月よりむしろ6月のほうが紫外線の量は多いと言えるのです。更に言うと、段々と日が長くなっていく5月と、段々日が短くなる7月は、紫外線のレベルとしては実は同じくらい。

つまり5月にも7月と同じくらいの対策をしなければならないわけです。同じように8月と4月、9月と3月もレベルは同じ。ということは、つまり…紫外線対策は1年を通じてしなければ意味がないということなんですよね。

ぜひ皆さん、これからは1年を通してUVケア!日焼け対策を!肌の健康を守りましょう!

太陽に負けないサプリランキング

最近登場したアルペンピュアウォーターのサーバーレンタルにかかる代金は月毎に600円…。

大人気のおすすめの新しい商品のインフォメーションを客観的にかつ端的にお伝えし、それから比較検討することで、納得してウォーターサーバーが利用開始できるように貢献できればと考えています。
いろいろなテレビ番組でもビューティー雑誌でも、ここ最近しょっちゅう水素水サーバーが特集され、美容やアンチエイジングなどの話題が大好きな中年の皆様が検討を始めています。(アクアシャインのレビュー
 
急成長を遂げるウォーターサーバーは、たくさん世の中に出ているようですが、私という個人の見た感じだと、クリティアはだいたい病院や薬局に置かれているような気がします。
サーバーに取り付ける回収ボトルは、オートメーション化されたラインで最終検査を経て、注入する原水が絶対に外気に触れることのないよう、密閉された貯水タンクから専用の配管を通じて、クリクラボトルというものに詰められます。
 
驚きですが、クリティアは自然が生み出した「玄武岩地層」という名の産物が60年以上という年月をかけて、急ぐことなく作り上げた、ハイクオリティーの水だと断言できます。

多数のウォーターサーバーの比較を行う際、全員がポイントに考えるのが、水質すなわち安全性だと断言します。原発のメルトダウンの影響からか、西日本で採水された水にこだわるという主婦もけっこういます。
 
最近登場したアルペンピュアウォーターのサーバーレンタルにかかる代金は月毎に600円、宅配水の料金は一本(12リットル)たったの995円と、口コミ比較ランキングではいろいろなウォーターサーバーの中でもっともお得と言われています。
一週間という短い期間との期間条件はありますが、ゼロ円でアクアクララを使用するありがたい企画もあり、やめることになっても、なにも使用料の請求はありません。
 
味を比較すると、水の味わいって全く同じではありません。有難いことにコスモウォーターは、配送前に飲んでみたい水をチョイスして配送してもらうことにしてもいっこうに構いません。次は違う種類を飲みたいですね。
冬でも冷水だけでいいというみなさんは、わずかですが月間の電気代も少なくなるはずです。言うまでもなく温水は、温かくするために電気代がいるのです。
 

絶対後悔しないウォーターサーバーを厳選しました。採水地や水質、使いやすさを、専門家の目線から徹底比較しています。購入時の選択のコツを細かくお話しします。
「衛生さ」が優れているということが認められて、ウォーターサーバーというものは、人気が集中しているようです。採水地で採水された際のフレッシュさとおいしさを保ったまま、どこででも賞味することが最大のメリットかもしれません。
 
今までのウォーターサーバーで払う電気代は一か月で約1000円です。しかし、アクアクララは新登場の省エネウォーターサーバーという選択肢もあり、何よりも低額の電気代は、おどろくことに一か月で350円になっています。
有難いことに、コスモウォーターが入っているボトルは、使いきりで、ポコポコと空気が混じりにくい構造なので、衛生面で安心できるという長所が、お客様に評価されています。
 
幼い子供には、ミネラルの含有量が高い硬水は避ける方が無難です。一方、コスモウォーターはいわゆる軟水ということで、母乳やミルクを飲む赤ちゃんや妊娠している人への負担が小さく、心配せずに飲んでいただいて大丈夫です。