米肌とライスフォースの違いは?

米肌とライスフォースの違いは何でしょう。 この2つはよく似ています。どちらにもライスパワーという保湿成分が入っています。また、パッケージも似ています。

なので、2つの違いをよく知った上で、どちらを使うか決めたいという人も多いでしょう。

 

違いとしては、使い続けると、ライスフォースの方がより効果を実感したという人が多いです。

カサついてしまう肌の状態が改善した、化粧のりがよくなって薄くぬるだけ済むようになったという声があります。

薄くファンデーションと粉を塗るだけで充分になります。美白効果を実感した人もいます。

また、肌にかかる負担がより少ないです。ただ、塗った後に少しだけベタつきます。

 

一方、米肌の口コミをみてみると、こちらの方が即効性を感じたという人が多いです。使い始めて2日目くらいで、潤いをかなり実感したという声があります。

両方のトライアルセットを購入して、どちらが自分に合うか比べてみるのも良いでしょう。

値段はライスフォースのトライアルセットが基本の3点セットなら900円ほど、5点セットなら1.400円ほどです。

米肌のトライアルセットは1.500円ほどになります。コスパはほぼ同じです。

なおライスフォースはトライアルキットでも返金制度があります。 1ヶ月ほどの保証です。定期購入における、最低、何回買わなければいけないという制限もありません。

米肌の方については、3こ買うともう1こもらえる、合わせて4こもらえます。

ジッテプラスは背中ニキビだけじゃないの?

ジッテプラスは、背中ニキビに対しての改善効果を期待できるということで、現在注目を集めているスキンケアアイテムです。グラビアアイドルとして活躍している手島優さんが愛用していることも話題を呼んでおり、自信が持てるレベルの綺麗な背中を実現することが出来ます。

なお、ジッテプラスがこのような効果を発揮するのは、ヒアルロンMIX製法という特殊な技術により作り出されたアクシアートリプルヒアルロン酸という特別成分の作用によるものです。この成分は、大きさの異なる3種類のヒアルロン酸が配合されており、高い保湿力を実現しています。これにより、顔よりもかなり厚い(約5倍)背中の皮膚の角質層にまで包み込むように保湿するので、乾燥が原因で発症したニキビが改善されることになります。

ちなみに、このようなジッテプラスの効果は、背中ニキビだけに限定して発揮されるわけではありません。つまり、顔ニキビにも有効であり、ひどい大人ニキビやニキビ跡も改善することが可能です。さらに、美白効果が期待できるプラセンタエキスやプルーン酵素エキス、スターフルーツ葉エキスなどの有効成分も配合されているので、美容という点でのメリットも享受できます。

便秘に効く特効薬?

便秘に効く特効薬と言っても、市販の便秘薬に頼るのは嫌、という人も多いですよね。便秘薬は常用すると癖になってしまい、どんどん効き目が薄れてしまうので、あまり頻繁には飲みたくないものです。

そこで、便秘にはこれ、というものをいくつか見つけてみました。まずは「じゃがいもの絞り汁」です。皮をむいてすりおろしたジャガイモを、ガーゼで絞ったものを、小さじ2杯くらい、空腹の時に飲みます。これは、昔から慢性的な便秘に効くと、伝えられてきたものだそうです。

また、「にんじんの絞り汁」も、便秘の特効薬になるようです。にんじんをすりおろして絞ります。飲みづらい時は、ハチミツを加えて、甘くして飲むと良いみたいですよ。

一時話題となったバナナ酢も、効果てきめん、という人も多いようです。作り方はいろいろありますので、インターネットなどで、好みのものを探してみると良いと思います。「アロエの絞り汁」は便秘の薬として用いる人も多いようですね。ただし、便秘に効くアロエは苦みが強いので、飲み方には工夫が要りそうです。痛風に良い食べ物

便秘の特効薬とひと口に言っても、効果の現れ方は千差万別で、効き目も人それぞれでしょうから、自分であれこれ試してみて、「これ」というものを見つけてみてはいかがでしょうか。

ノンエーはニキビに効く?ウソ?ホント?

洗顔はスキンケアの第一歩と言われており、最近では泡洗顔が注目を集めています。ノンエーはニキビ予防に効果がある石鹸と言われており、濃密な泡でたっぷり洗えるという特徴があります。

ノンエーにはニキビの予防や治療に効果があることはもちろん、肌色を明るくする効果や化粧ノリをアップさせる効果なども期待できます。

価格が少し高いと感じるかもしれませんが、長く使えるのでコストパフォーマンスは悪くありません。

また、ニキビは無くても使うことで肌の状態が良くなりますし、さっぱりとした洗い心地を気に入る人も多いです。

 

しかし、ニキビの状態がかなり悪化している場合や上手く泡を作れなかった場合、あまり効果が出ないかもしれません。上手く泡が作れないと泡で優しく洗うことができませんし、肌への負担となってしまいます。

また、ニキビができている肌は敏感な状態ですし、できるだけ負担をかけることなく洗うことが大切です。

 

ちなみに、ノンエーだけではニキビが解消できないこともあるため、洗顔後のスキンケアもしっかり行うようにしましょう。

また、初回限定で泡立てネットがついてくるため、クリーミーな泡を簡単に作ることができます。

効果が出なかった場合や肌に合わなかった場合でも返金保証がついているので安心です。

ニキビケアには正しい洗顔と十分な保湿が必要であり、ノンエーには高い洗浄力があることはもちろん、保湿成分も配合されているので肌の潤いをしっかりと保ってくれます。

ニキビ肌に使う化粧品は保湿がしっかりとできるもの?

肌トラブルの中でも、最も厄介だといわれているニキビ、毛穴詰まりを起こし、その毛穴の中でアクネ菌が増殖してしまっている状態ですが、肌がこのような状態になってしまう原因には、いろいろなものがあるといわれています。

原因を知ることも大切ですが、大人の肌にできるタイプは、色々な要因が複雑に絡まってしまっている場合も多く、生活習慣を見直したところで改善しないことも多いのです。

それよりも、毛穴の詰まりを改善させるために、肌を柔らかくしなければならないので、保湿ケアを徹底して行うことが先決です。

ニキビが出来ている、イコール脂っぽい、ということで、脂分を取るケアに力を入れてしまうと、肌は逆に皮脂不足と勘違いし、どんどん皮脂分泌を盛んにしてしまいます。

このような時には、水分をたっぷりと与えてあげることが重要で、脂分と水分のバランスを整えてあげましょう。

 

保湿成分がたっぷりと配合された化粧品が理想的ですが、ニキビ肌はとても敏感な状態で、外部からの刺激に弱くなっているので、できれば一つでスキンケアが完了できる、オールインワンタイプのコスメがお勧めです。

クリームタイプよりもジェルタイプだと、ニキビ肌につけてもべたつかず、気持ちよくケアできます。ルナメアAC

ひんやりとしたジェルが、炎症したニキビも落ちつかせてくれるので、一通り顔全体に塗布した後に、患部に薬を乗せる要領で、こんもりと塗布しておき就寝すると、翌朝には腫れが落ちついています。

 

 

ニキビ治療によく用いられるゲンタシン軟膏とは?

ニキビ治療によく使用されている薬剤の一つに、ゲンタシン軟膏があります。

いわゆる抗生物質であり、ニキビだけでなく湿疹や切り傷などの治療にも使用されます。医療用の医薬品であり市販されていないため、普通のお店で購入することはできません。

 

ゲンタシン軟膏の主な働きとしては、肌におけるタンパク質の合成を抑える事といえます。ニキビの原因は肌にアクネ菌が繁殖するためといえますが、
その格好の栄養源がタンパク質なのです。

タンパク質の合成を抑える事でアクネ菌の繁殖が防げますから、結果的に肌への殺菌作用をもたらすといえます。

塗り続ける事で赤みがひき、気になる部分が目立たなくなっていくというメリットがあるのです。

 

そんなゲンタシン軟膏ですが、どんなニキビにも有効という訳ではありません。

有効なのは、赤みがあり内部に膿がたまっていたり、盛り上がって腫れているような状態のものです。

つまり、細菌が繁殖し炎症が起こっているような状態といえます。

したがって黒くなってしまったり、細かくブツブツとしたニキビには向いていないといえます。

 

そしてゲンタシン軟膏には、ごく一部ですが副作用が見られる方もあります。

具体的な症状としてはかゆくなってしまったり、皮膚に発疹ができたりといった状態です。こういった症状が見られたら、すぐに使用を中止すべきといえます。

ニキビ治療に用いられる薬の中でもゲンタシン軟膏は、比較的安全で副作用も少ないといえますが、使用する際は医師や薬剤師の指導の上、正しく使用するのはもちろん、何かあったらすぐに相談する事も大切です。