日焼け対策はいつから始めるべき?意外と知られていない紫外線のピーク

日焼け対策って主に夏、7月くらいから始める方が多いかと思います。やっぱり日焼け=暑い時!って感じですもんね。

でも実は1年のうちで一番紫外線が強いのは他の時期だってご存知でしたか?

えっ、そんな…知らなかった!と言う方も多いのではないかと思います。じゃあいつが一番強いのか?実は…6月なんです。

6月と言えば梅雨。全然お日様は出ていないじゃないかと思われるかもしれませんが、実は雲が遮断する紫外線の量はそれをほ多くありません。曇っていても元の紫外線の量の60%は地上に届いていると言われています。

そして忘れてはいけないのは6月って「夏至」がありますよね。夏至とは「昼の長さが一年で一番長い日」のことです。つまり、太陽が出ている時間が長く、ついでに太陽の高度も一番高い日です。

ですから、曇りや雨の日が多いからと言ってもいつもより元の紫外線の量が多いわけですのでトータルでは7月と大差ない。それどころか晴れたらMAXの紫外線が降り注ぐわけですからね。

ですので7月よりむしろ6月のほうが紫外線の量は多いと言えるのです。更に言うと、段々と日が長くなっていく5月と、段々日が短くなる7月は、紫外線のレベルとしては実は同じくらい。

つまり5月にも7月と同じくらいの対策をしなければならないわけです。同じように8月と4月、9月と3月もレベルは同じ。ということは、つまり…紫外線対策は1年を通じてしなければ意味がないということなんですよね。

ぜひ皆さん、これからは1年を通してUVケア!日焼け対策を!肌の健康を守りましょう!

太陽に負けないサプリランキング