モンドセレクションの意味と応募費用について

通信販売をされている健康食品や飲料などでよく目にするモンドセレクションとは、ベルギー政府系の民間団体によって1961年に作られました。当初はベルギー内で流通している食品だけを対象にした審査機関でしたが、1998年からはその対象をヨーロッパ・アジア圏にも広げて日本の企業も参加するようになっています。

出品者からモンドセレクション本部に送付された商品に対して専門家や評論家などで審査を行い、100点満点中90点以上を獲得した場合は最高賞の金賞・80点以上で銀賞が授与されます。さらに、3年・10年・25年連続して金賞を受賞すると国際優秀品質賞が別途授けられます。

このモンドセレクションは知名度の高さが魅力であり、比較的審査基準が低いということから企業商品の付加価値を求めて審査を希望する日本企業が多いのが特徴です。

 

モンドセレクションの応募費用はいくらぐらい?

 

応募費用については食品類の場合は1商品あたり1200ユーロ、日本円で約15万円で詰め合わせ商品だと1500ユーロになります。健康食品や化粧品の場合は1商品あたり1250ユーロ、日本円で約16万円です。

審査にはこの応募費用とは別に、英語で作成された資料やプレゼンテーション用スライドも必要になります。モンドセレクションでは日本をはじめとするアジア圏内に公認の代行会社を設置しており、費用を支払うことで資料作成から商品の発送・モンドセレクション事務局との英語での連絡業務を請け負ってくれます。

 

それらの費用は350000円なので、合算すると約700000円がモンドセレクションの審査に必要な費用といえます。なお、連続して受賞をすると授与される国際優秀品質賞の際は、通常の費用に加えてモンドセレクション財団に約2000ユーロの寄付を行なう必要があるのでご注意ください。

受賞した賞に応じて発行される認定マークのシールについても1年間のライセンスで約100ユーロを本部に納めて使用許諾を行なったあとに正式に使うことが出来ます。

参照:どこよりもわかりやすく!モンドセレクションの申請方法をまとめてみた!